献堂50周年

ごあいさつ


献堂50年を迎えて、イエス様のことばを述べ伝えます。

イエスは答えて言われた。「もしあなたが、神の賜物を知っており、また、

『水を飲ませてください』といったのがだれであるか知っていたならば、

あなたの方からその人に頼み、その人はあなたに生きた水を与えたこと

であろう。』
(ヨハネ4・10)

主任司祭 マリオ・ビアンキン


百合ヶ丘教会は1969年12月24日に聖堂で初ミサが捧げられ翌1970年4月26日に横浜教区長荒井司教様により
献堂式が行われましたので、2020年で献堂50周年を迎えます。
この教会の礎を築いてくださったのは、カナダのケベック外国宣教会でした。
今まで神さまと多くの方々のお導きとお祈りによって歩んだ道のりを振り返るとともに、次の50年を実りあるものにと願いながら、
この期間(2019/12〜2020/11)を感謝と祈りのうちに過ごす期間としました。


記念行事

記念期間 2019/12/1(待降節第一主日)〜2020/11/22(王であるキリストの祭日)
a
コンセプト 今までの歩みを振り返り、将来に向けて霊性を高める
a
スケジュール
2019/12/1〜 パネル・写真の掲示で百合ヶ丘教会のあゆみを振り返る
毎月第1日曜日ミサ中に「聖霊への祈り」を唱える
12/24 広報誌「ゆりがおか」発行 特集「これまで」
2020/1/5 教皇大使をお招きしてミサを捧げる
2/9 昔を知る方の講演会
4/12 広報誌「ゆりがおか」発行 特集「これから」
5/10 横浜教区長をお迎えして献堂50周年記念ミサと祝賀会を行う
6月中旬 主任司祭を訪れるイタリア巡礼旅行
7/19 教会の守護の聖人アッシジの聖フランシスコにちなむ講演会(小平神父/フランシスコ会)
9/5 日帰り巡礼(富士の聖母の野外ミサ・富士吉田教会を訪問)
11/22 将来につなげる振り返りと分かち合い(若者に語ってもらう)
12/24 広報誌「ゆりがおか」発行 特集「記録とまとめ」


「ゆりがおか」トップページへ戻る

教会の地図